最近の記事

2011年04月23日

マンション共用部分の電気料金の削減まとめ

個人的なメモです。

1)70戸ぐらいまでのマンション(低圧受電の場合)
 低圧受電→従量電灯(100V)、動力(200V)

(1)「低圧高負荷契約」で安くなるかチェック
  →東電にて無料で試算してもらえます

(2)動力部分(ポンプ/消防設備/排水設備/EV/機械式駐車場など)を電子ブレーカーに替える
  →「負荷設備契約」から「主開閉器(ブレーカー)契約」に替える
  =主開閉器容量で契約する
  ただし、電子ブレーカーの設置が必要。
  例)負荷設備契約50A→主開閉器契約30A
    電子ブレーカーの役割
     →容量の150%~199%でも30分間は落ちない…
    
(3)従量部分(主に電灯)を夜間料金の安い「電化上手契約」に替える
  →ただし、同一棟内に夜間蓄熱式の「蓄暖器(ヒーター)」の設置が必要。
  ※照明は夜間が中心なので効果的だが、団地型は無理
  ※要事前相談


2)70戸程度以上のマンション(高圧受電等)

(1)高圧受電(もともと単価が安い)の場合
 →2型(7-8%減)契約になっているかどうかを確認
  ※ただし震災後、新規受付を中断中とのこと。

(2)一括受電
 →中間業者から受電する形となる
 →途中からの変更の場合「特別決議」と「各戸のブレーカー交換」が必要でめんどう
 →大きなマンションで昼間も電気を使うファミリーマンションでメリットがある

以上
posted by ひだまりミュゼ at 21:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 給排水、電気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック