最近の記事

2012年04月24日

管理費等の時効は5年

管理費と修繕積立金

滞納が多くなるとマンションの価値が著しく低下します。売買の時の重要事項説明にも掲載されます。

時効は5年なので、それまでに時効停止の手続きや裁判などを起こす必要が生じます。

放置すると、月額3万円として年間36万円、3年間滞納すると100万円を超えてしまいます。

駐車場料金等

こちらも時効は5年ですが、管理費等との違いは売買時に承継されないことが多いという点です(現状の一般的判断なので解釈は微妙)。

管理組合が回収する場合は、駐車場料金等を優先すべきというのはここからきています。駐車場の場合は、利用細則等で滞納した場合の利用停止処置などのルール設定が必要でしょう。
posted by ひだまりミュゼ at 07:47| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 滞納 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする