最近の記事

2009年09月27日

10/4午後、日野市マンション管理士会のセミナーにて

10月4日(日)の午後、日野市マンション管理士会のセミナーで、「工事監理」の重要性についてのお話しをさせていただきます。

大規模修繕工事では、まだまだ管理会社が主体となって、受け身の工事をせざるを得ない管理組合が多いと思います。また、責任施工方式で複数の工事業者のなかから業者を決めた場合でも、一級建築士などの外部コンサルタントがいない場合は、せめて「工事監理」だけでも外部の人間にみてもらったほうがいいと思います。

ちなみに工事監理は設計監理のことで、施工業者の現場監督とは違います。

「いい工事監理者」が入ることは、工事業者にとってもじつはとても工事を進めやすいということが、これまでの経験からもわかってきています。業者もちゃんとやっていることを証明したいのだけど、なかなか信じてもらえないと嘆くことしきり。

実は、どんな工事でも同じですが、現場と施主の信頼関係の構築がうまく進めるコツ。

外部のコンサルタントを使うと高くなるのでは?と、よくいわれますが、答えはそのコンサルタント次第だと思います。

実際に、複数の工事業者から見積もりをとって、そのなかから業者を選ぶ場合、工事は2〜3割はほぼ確実に安くなっています。工事の規模にもよりますが、その時点ですでにコンサルタント料は吹き飛んでいます。

それよりもなによりも、工事は安ければいいというものではありません。
質を保ちつつ、工事費を抑える。

これを外部のコンサルタントなしで、しかも住民の合意を得ながら公平に進めるのは、たいへんな労力がかかります。

とはいえ、主体は常に、組合にあることをお忘れなく。
大規模修繕工事のやり方はいろいろあっていいと思います。自分たちで全部うまくできるのであれば、それが理想ですから。


第15回 マンション管理セミナー&情報交換会、相談会のお知らせ
日  時 : 平成21年10月4日(日) 13:30〜17:00
場  所 : 日野市福祉支援センター 第1会議室
       日野市高幡1011      電話 042−591−1551
        京王線・多摩都市モノレール 高幡不動駅北口 歩1分
セミナー :「マンション総合調査結果概要報告」佐々木 啓征 (マンション管理士)
      「大規模修繕工事の工事監理について」高井 健慈 (マンション管理士・一級建築士)
ちょっといいはなし : 年金ワンポイント  藤田 康博(マンション管理士・社労士)

情報交換会&相談会(全国一斉相談会)

申込   日野市百草1006-16 日野市マンション管理士会事務局 佐々木へ
      Tel & Fax 042−593−1502
      (先着 30名)


ラベル:セミナー
posted by ひだまりミュゼ at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | 大規模修繕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする